上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
試しにキャストホンをかけてみたら…
「クリスティーヌ、沼尾みゆき…」
ええええっ!(@@)
四季公式のキャスボも沼尾さんに交代…
はぁ~
前予、大丈夫かな~。沼尾さんだと競争率高そうに思うけど(^^;
実はほんの少し初見の高木クリスも楽しみだったのですが…

そうだ!アンサンブルに増田さんの名前がなかったのがちょっと残念。
あとは立岡さんレイエで鈴木さんルフェーブルのようです。
九条マーティンさん、内海さんも出演のようです。
マーティンさん、ちょっと楽しみ。
内海さん、探し出せるかな?
とにかく明日の前日を何とか勝ち取らねば!(笑)
スポンサーサイト
2006.01.31 Tue l キャスト等情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「前日予約、成功した?」との知人からのメールで「明日(火曜)は休演だよ」と返したものの…ハタッと立ち止まり公演スケジュールを確認したら、あら~~~っ!!!火曜はソワレ公演が入っている!全く眼中になかった(><)
私が行きたい日はソワレ・ソワレ・マチネと3公演目になるのか~…これは高井さんの歌声&演技はちょっと微妙ではなかろうか…喉は温存、でも演技は乗ってきてやや加速か?
いや、3公演目にてウォーミングアップ完了で演技も歌も脂が乗ってギトギトかしらん(^^)
楽しみです。まずは、前日予約です。成功するかな?今からドキドキ☆(笑)
2006.01.31 Tue l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
届きました。
「夢から醒めた夢」が5月27日から7月30日(予定)で京都劇場で上演だそうです。
昭和歴史三部作後はALWシリーズをやって欲しかったけど、夢醒めですか…
「エビータ」「アスペクツ・オブ・ラブ」「ジーザス」となると役者が回らないのかな~
無難な所で「夢醒め」になったのかな(^^;

でもこの「夢から醒めた夢」は2003年にMBS劇場で上演してるのですよね。
見に行きましたよ~、2回も!
で、今回も「アイーダ」同様、MBS劇場→京都劇場というパターンです。
「アイーダ」はアンコール上演という大義名分が付いていたけど、「夢醒め」は3年弱で同じ関西圏で再演…タームがやや短すぎな気もします。集客できるのかな?まぁ、大阪から京都に公演地が変わるだけでも集客範囲が東に移動されるので、客の入りはそれなりに期待できるのか…ふむ。

ロビーパフォーマンスをあの狭くて階段の多い京都劇場でどうやってやるのかな?2階からの輪投げもあるのかな?少々興味あり(意地悪やな、自分)

娘がこの演目が好きなのでS席をはり込んで1回は行こうかな(^^)
アルプのピコとマコは吉沢さん&紗乃さんです。

あとは「キャッツ」のCM撮影話が面白かったです。
バストさんは田島さんでグロタイはスンラさんのようです。
タガーはもちろん芝さん!
2006.01.30 Mon l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
「クレイジー・フォー・ユー」を観に行って来ました。 
初見の演目でもあるし、ご贔屓さんがいるわけでもないのでそんなに熱いレポではありませんが、ざっと印象だけ。
思い入れのある作品とない作品のレポの温度差がありすぎ(笑)

え~会場に着いたのがギリギリだったので 1幕はキャストを見る余裕もなく誰が出ているのかもわからない状態で観劇(笑) 
 
おまけに席は後ろから3列目の端っこ(全国公演の四季割り当て分は良席は望めません^^;) 
誰が何をやっているのはっきりとは認識できませんでしたが、それでも楽しかったなぁ~ 
 
まぁ、内容に関しては深い突っ込みを入れだすときりがないのですが 
駅から徒歩1時間の地での公演なんて無謀やんとか
あんなに物事がうまく行くかな~とか 
ボビーにポリー、アイリーンにランク、ボリーの母もどうみても惚れ過ぎじゃないか?とか 
ザングラーはテスの事をいつからそんなに意識していたの?とかetc
 
ボビーの憎めない天然なお馬鹿さやダンスへの情熱にポリーへの素直で純粋な愛情にこちらの心も温かく一杯になりました。 
しかしカップル出来過ぎ~(笑)
アメリカっぽくて楽しかったです。
 
幕間にキャスト表を入手して「おおおおっつつつ」状態(笑) 
脇坂さん、出てるやん!脇坂さんはあの筋肉を見ないとわからないよう~(笑) 
おまけに茶髪鬘かぶっているし、スーツも着ているし。 
喜納さん、スローでいい味出しているやん! 
畠山さん、なかなかイケメンで目をひくやん! 
三宅くん、かわいい!(ハリーポッターみたい) 
田中さんもいる~(夢醒めの部長さんやん!)
李香蘭の池田さんもいる、スキンブルだった岩城さんもいる。
牧野さん、いい味出しているし…etc 
元宝塚のテス役の人もよかったです。格好良かったし、目を惹きます。
森さんはマンマ同様お色気キャラだし、栗田さんのザングラーは「人猫」の栗田さんをまったく想像できないし…etc、etc
 
荒川さんは若く見えますね。タップもお上手。 
情けないボンボンぶりも憎めない可愛さです。 
それとなんとなく華を感じるのは元ジャニーズだからかな? 
樋口さんもポリーによくあっていたと思いました。 
低いセリフの時はアイーダを思い出しちゃいましたが~ 
声がややかすれていた様に思いました。 
歌の声量は相変わらず“大”でしたが。 
31日の和歌山公演が楽ですので、もう一踏ん張り頑張ってほしいところです。 
 
タップにダンスにレビューっぽい演出にHappy Endなストーリーと単純に楽しんできました。「レ・ミゼ」を思わせるパロディーもありました。
 
「アイ・ガット・リズム」がいまだにこだましています~ 


2006.01.28 Sat l 観劇感想 その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2月22日のソワレに行く事にしました。
2003年の大阪&東京公演を観ているのでもういいかな~と思ったのですが、オルゴールがもらえるしね(^^;

で、22日はリハ見もあるようです。生・素・石丸王子様を拝見できるのでしょうか?
しかし結構残席ありましたな~…大丈夫かいな?>京都劇場…
「李香蘭」「ACL」は売れ行きが順調だったけど、「異国」は前回の大阪公演から3年も経っていないから、やっぱり厳しいなぁ~。

いや、新作「南十字星」もかなり余っております(><)
2006.01.26 Thu l その他(メディアetc) l コメント (4) トラックバック (0) l top
四季公式のキャッツのサイトに新しいTVCFが追加されていました。
ナレーションの声が村さんに聞こえるのですが...
グルメ編の「キャッツには誰も敵わない」の「だれも」の「だ」の音が村さん独特の悪人声に聞こえるのだけど。
村さんのファントムは2003年の9月から観ていないと思う。あ~~、東京が近かったらな~(笑)

TOPのオペラ座のフラシュ映像も微妙に変わってしますし、佐野ラウルのマスカレードもありますね。
Photoギャラリーも村さんのファントムの写真が増えていました。
「李香蘭」のフラッシュでは沼尾さんの映像も入っていますし、ステージガイドも3枚中2枚は沼尾さんですね。
名古屋は沼尾さんメインかな?どうでしょうね~。キャスト予想も楽しみです。
2006.01.24 Tue l キャスト等情報 l コメント (0) トラックバック (1) l top
保守点検明けはファントムが高井さん、クリスが沼尾さん、ラウルが北澤君です。
う~~ん、沼尾さんのクリスティーヌ…私は苦手だぁ~。東京公演での沼尾さんはかなり良いとの評判なので興味は大なのですが…
どうも沼尾さんの太くて硬めの歌声が気の強いクリスティーヌの印象を植えつけてしまって…拭いきれません。
香蘭の時はあの程度に太くて硬さがあり、しかも伸びやかな歌声、声質が香蘭にあっていたと思いました。
香蘭では意思の強さが感じられ良かったのですが、夢見るクリスティーヌにはちょっと…
出来れば観た事がないクリスが見たいなぁ。来週、キャス変、あるかな?

北澤くんのラウルもどうかな?7月よりは成長しているかな?あの時はオーラも輝きもあまり感じられなかったしな…

なんてブツブツと贅沢を言っているけど、来週のファントムが村さんに交代されたりして~(苦笑)

遠征の決心がまた揺るぎ出しました(笑)
2006.01.23 Mon l キャスト等情報 l コメント (5) トラックバック (0) l top
19日の「異国の丘」の特番を見逃しちゃいました。
NHK大阪とNHK京都を間違えて録画…
多分前回流れた放送と同じと思うのでまぁいいかぁ~

BSで舞台や映画の紹介をする番組で「鹿鳴館」をちらっと流していました。
菊の花が所々に咲いていたので庭園のシーンなのかな?
田邊君の書生姿、なかなかさまになっていました。
セリフが四季調なのは仕方ないですね。
広瀬さんもちょっと映っていました。やっぱりセリフが自然です。
日下さんは髪が鬘なのでかなり若く見えました。
内閣総理大臣夫妻はだれなんだろう~
朝子の着物と鬘が微妙…

先日書店で「鹿鳴館」の原作をパラパラと立ち読みしてきたのですが、
戯曲になっているのですね。これは舞台を観てから読む方がよさそうです。

さて昨日の教育TVで「わが父・溥傑(ふけつ)・ラストエンペラーの弟・波乱の生涯」をやっていたので見ました。
周恩来の先の先を見据えた考え方や人柄に感動しました。
こう言った番組を見ると「戦争は二度と繰り返してならない」
その思いで一杯になります。

逃亡中の宿舎で自分達を守る為に自分たちに布団をかけそれを取り囲むようにして銃で敵に撃たれた兵士のご冥福を祈る姿に涙が出ました。
人の命と引き換えに自分たちが生きている。
60年間その思いを抱きながら生きている、重いです。

今日は「美女と野獣」の福岡公演の千秋楽ですね。
きっと盛り上がっているのでしょうね。キャスト・スタッフの皆さん、お疲れさまでした。
柳瀬さんは次は何にご出演でしょう?ラウルかな?(^^)
佐野さんも行方も気になるところです。「マンマ」のハリーに出演されたら前予で行きますよ!(笑)
「オペラ座の怪人」のキャストを見ていたのですが、青木さんってアンドレにもキャスティングされていたのですね。知らなかったです。
マダム・ジリーに佐和さんも名前があります。坂本さんはクリスティーヌに名前がありませんね。キャッツには名前があるので退団ではないようです。彼女は新クリス登場までの繋ぎだったのでしょうか…

2006.01.22 Sun l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
リハ見も兼ねての観劇。
今回は初日に続き2回目、それと席がかなり前列だったので役者さんの表情がとても良く見えた事もあってかなり感動しました。

一番はキャシーとザックのやり取りでした。
特にキャシーは「踊りたい」と言う気持ちがダンスを通して伝わってくるし、表情自体も後半はキラキラしていてダンスできる歓びがこぼれおちていました。
それまでが結構ムスッとした表情なので変化が面白かったし、ザックとのやり取りも気迫迫るものがあって良かったです。
初日よりかなり良くなっていると思いました。

それに対してザック。
キャシーの言動に戸惑い苦悩する感じがよかった。
「本当の君たちが知りたい」と同時に本当にザック自身も知る事になったのではないかな?と思えました。
「君にはコーラスは無理だ」と言う言葉の裏にはザック自身がコーラスであるシャシーを受け入れられないだけであって、それはザック自身も乗り越えなければならない壁である事が感じ取れました。
下手袖の椅子の所で頭を抱えているザックがちょっと魅力的だったです。

今回の注目は望月君。朴訥とした感じの喋りがよかったです。
淡々と語り終わった後、押さえていた感情が溢れだし目に光るものが…そしてザックに抱きかかえられるようにして泣いていましたね。
こっちももらい泣きしてしまいました。

シーラの増本さんもますます板についていたようだし、マギーの真鍋さんは本当にかわいらしかったし、リチーの松島君はしなやかでゴムマリのようだったし、ジュディの遠藤さんは手足が長くて八田さんのヴァルとはまた違った感じで楽しめたし…クリスティンもビビも良かったし、良知くんも格好良かったしと今回はしっかりとのめりこんで来ました。

道口さんはリハ見でもそうだったけど、歌声が生で良く聞こえていました。通る声なのでしょうね。
朱さんは、背筋がピンとして胸が張っていて、リハ見でも舞台でもそうでしたが、上半身がまったくぶれなくて見応えがありました。私の目線は張りついてしまいました(^^;

ただし今回は「愛した日々に悔いはない」が流れた時に通いに通った京都オペラ座公演の事を思い出し、ちょっと考え込んでいました。影響されすぎです(^^;
あの時、自分は自分なりに決心をして封印をしたつもりなのにその封印を解こうとしている。あの時の自分に恥かしくないのか…なんてアホな事を考えていました。


2006.01.20 Fri l キャスト等情報 l コメント (2) トラックバック (0) l top
「オペラ座の怪人」は今週から保守点検期間のため、キャスボに名前すらなし~
キャッツのガスが村さんから田島さんに交代です。
となると保守明けのファントムは村さんかも?
2月初めに遠征を計画している私にとってはちょっと微妙。
来週、再来週とちょっとドキドキ☆になります(^^)

キャッツのマンカスに青山さんのお名前がありますが、初登場かな?
青山さんと言えばマキャビティという印象がありますが、今度はマンカスですね。
ガタイもいいし、歌声もいいし、頼もしいマンカスになりそうな予感です。

で、今週は「コーラスライン」の観劇に行ってきます。
キャストは初日とはかなり替わっています。
ヴァルの八田さん、ポールの望月さん、マギーの真鍋さん、リチーの松島さん、ジュディの遠藤さん...楽しみです。

「鹿鳴館」ですが、初日の様子が公式にアップ。
ドレスの色が結構シックなのでちょっと驚いています。
もう少し華やかなものかと思っていたので。
それに役者さんの人数もそんなに多そうにないし、派手な感じを勝手に想像していたのでちょっと違うかもですね。
しっくり&重厚な作品なのかな?
一幕は和服のようだし、和物のテイストが味わえそうです。野村さんの和服も珍しいのではないでしょうか。
先日読んだ「杉村春子」の中の「鹿鳴館」の写真も和服の杉村さんが写っていました。
「鹿鳴館」機会があれば是非見たいものです。
キャストですが、久雄が福井さんではなく田邊くんだったのには驚きでした。
コーラスラインから消えたと思ったら鹿鳴館のお稽古だったのですね。
前宣伝にあれだけ露出していた福井さん&ファンの方...ちょっと気の毒。

四季は作品を観に来てほしいと銘打っているわけですので、こればかりは文句の言いようがないですね。

それにしても鹿鳴館の役者陣、凄いですね。芝居のできる人を集めに集めたと言う感じ(これに松宮さんと光枝さんが入っていたら完璧では?)
四季がこの作品にどれくらい力を入っているのが良く分かります。

2006.01.16 Mon l キャスト等情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよ開幕ですね!
気になる上演時間は約3時間10分!
これだと平日ソワレ観劇では日帰りが出来ません。
2月の東京遠征でファントムとの抱き合わせの「鹿鳴館」は諦めるしかないか。

しかしストレートの3時間10分!長いだろうな。
私が経験したストレートの3時間といえば、「グリークス」や「モンテクリスト伯」がそうだった。
「グリークス」の方は3部作になっていて全部観ると9時間でした(^^;
まる1日を観劇に費やすという至極贅沢な日々でしたわ。

東京オペラ座が12日で1周年を迎えたようで、四季公式にもアップされていました。
私の初オペラ座観劇が2002年1月12日、まる4年経ちました(^^)
地元と違って気安く行けないけど、これからも細々とファンは続けたいと思っています。

さて今日は「南十字星」京都公演の先行予約。
突発的な都合で参戦できなかったので知人が取ってくれました。感謝!
ひとまず初日と楽は押さえておきました…(^^; 

2006.01.14 Sat l キャスト等情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は休みだったので「ユトリロ展」→こちらと「歓びは歌にのせて」という映画に行こうと思っていたのですが、先に行った耳鼻科が混んでいて終わったのが13時過ぎ。
結局そのまま家に帰ってしまいました。

さてこのユトリロという人ですが、ちょっとファントムと関連付けてみました。

2006.01.13 Fri l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
久々に公式の「オペラ座の怪人」のSONGを聞いていました。
そばに居た息子が「やっぱりこの人、怖いわ~、怪人より怖い!」と言っていました。
どの辺が怖いのかと言うと低音の歌声だそうです。
「あ~~~♪」と上がる部分は深みと幅があって綺麗なのですが、深みと幅は音の高低の違いで怖さに変わるのでしょうか。

佐渡さんのクリスティーヌは未見なのですが、舞台でも怖いのでしょうか(^^;
2月は京都劇場で「異国の丘」ですので、佐渡さんはクリスティーヌには間違っても出ないと思いますが…いや、四季の事だから油断は出来ないけど。

2月のクリスは沼尾さんかな?木さんかな?苫田さんかな?
今まで観た沼尾さんは声の感じで元気バリバリ気の強そうな面を強く感じたし。「李香蘭」もそう言う芯のしっかりしたキャラだとも言えそう。東京では評判の良い沼尾さんも見たいが、全く未見の木さん、苫田さんが観たい!

「ママン!『マンマ・ミーア』のCDを貸して!」と娘が言ってきました。
(普段はママンなんて全く言いそうな雰囲気ではありません。誤解のなきように。物を頼む時だけバージョンであります)
「ドイツ語しかないけど」と言うと「英語盤が聞きたい!」
「英語もドイツ語も外国語には変わりないやん!」と薦めましたが、受け入れられなかった(苦笑)

2006.01.12 Thu l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨夜、↑をやっていました。
事前に知らなかったので子供に言われてやっとこさで見ました。
水野真紀さんが喋っていました。
この番組、毎週やるんだ!来週からはちゃんと録画しておこう~

さて今朝は「めざまし」でも「オペラ座の怪人」のBWで最長公演回数達成の映像をチラッと映していましたね。
あちらのファントムさん、身体が大きいですね(@@)
思わず、ひょぇ~~~

最後にファントム役者が仮面付けて勢ぞろいされたのは圧巻でした。
四季でもいつか同じような歴代ファントム勢ぞろいのイベントがあったらいいのになぁ~
きっと無理ですね。ほとんど退団しているしね。

昨日は「レ・ミゼラブル」を観て来ました。
簡単な感想をサイトに日記の方につぶやいています~

2006.01.11 Wed l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年になったと言うのに日記の更新が滞っていました。
やっと今日から本格的に仕事や学校の始まりなのでやっと一人になれる時間がとれるようになりました。

4日に「異国の丘」の番宣がKBS京都であったようですが、気が付いたのが夜。
告知が遅すぎるよ!>四季公式!!!

気分を直して
本年度の観劇始めは本日の「レ・ミゼ」そして17日の「コーラスライン」リハ見付きです(^^)
観劇と言えば、1月末から2月始めにかけて5連休が取れる予定になっています。
うふふふふ。どうしようかな~~~
久々に「オペラ座の怪人」も観たいなと思っています。
折角だから「鹿鳴館」も観れないかな?と公演スケジュールをながめています。
新幹線で帰るのにソワレが自由劇場の方が便利なので調べてみたら、な、な、なんと「鹿鳴館」の上演時間は“未定”
品川駅21:24の新幹線に間に合うのか???
いやいやJR東海ツアーズの出張パックはどうかな?
新幹線&ホテルで24,200円!(正味:新幹線往復代)これだとマチソワマチが出来るじゃん!(^^)

その前にオペラ座のキャストなのですが、きっと今回も計画倒れになると思います。計画を立てているのが楽しいのだから別に良いのですが…(^^ゞ

更に話題は変わって、いまハングルを勉強しているのですが、四季公式のハングルサイトへ行ってみました。
「オーディションコーナー」で紹介されている女優さんの名前のハングルを解読してみますと「ソン・インミ」さんですね。(このブログはハングル表示できないようです(;;)この方は「ライオンキング」「ジーザス」にご出演の方です。
いつか記事の全文がスラスラと読めるようになりたいものです。

「ジーザス」と言えば、高井さんのカヤパが観たい!聞きたい!
ファントムも良いけど、悪人のカヤパも捨てがたい。
悪人モードも素敵だし、あの地を揺るがすような低音声が魅力。
いつか京都劇場でやってくれないかな…


さてさて今週のキャストはどうなるのでしょう?
そして今週末14日は「南十字星」の先行発売です。
2006.01.10 Tue l その他(メディアetc) l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。