上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
暫定版7月の勤務表ができました。

7月の6日と7日が連休!おっ、木曜日と金曜日!
オペラ座に行けるやん!(実は連休でないともう体がついていかない^^;)

しかし9月に行くのに止めておけと言う理性の私と
いや今の高井さんの様子を自分の耳で確かめたいという悪魔の囁きをする私、
いやいや京都でも夢醒めのイベントがあるやん!それでいいやん!という堅実な私。

そうそう、最近の四季はイベントが目白押しですね。
夢醒めはオフステージトークにリハ見。マンマもサマーフェスティバルと銘打って色々と企画があるようです。


で、話を戻して7月3日のキャスト発表で高井さんが運よく復帰したとしたら、その木曜日にキャス変はいくらなんでもないだろうと思うのでキャスト次第で決めようかなと悩みながら四季のサイトへ。

えっ?7月6日って「バックステージ」のイベントがあるやん!?
となると前日予約も厳しいそうだし、イベントがあるのに帰らないといけないのも辛すぎる...
やっぱり「やめっ!」かな...

ふっ、9月までのお預けか。
でもきっと7月6日までまた悩むんだろうな>自分

と思ったら娘の修学旅行の説明会があるやん!(><)
結局、オチはここか…(泣笑)
スポンサーサイト
2006.06.22 Thu l キャスト等情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今週の初めは高井さんだけの名前だったのですが、村さんの名前が追加されていました。明日のファントムはどうなのでしょう。
突発的な事(急なイベントとか調子が悪いとか…)が起こったのかな?くらいの推測しかできませんねぇ。

しかし、今の東京公演、とても不安定な感じがします。
と言うのも主役が週途中で交代する事って舞台全体にも多少なりとも影響を与えるのでは?大丈夫かな?>オペラ座の怪人東京公演

いくら作品主義だと言われてもこんなに不安定なキャストでは安心して見れない気がします。

私は「オペラ座の怪人」自体も好きですが、それと同じくらい?いやそれ以上に高井さんの歌声も好きです(照)
今の状況だと前日予約も怖くて出来ないですね。

9月10日と12月10日に観劇予定なのですが、絶対高井さんだという保証もないし、かと言って前日予約も怖いし、最悪、このまま高井ファントムにお会いできずに東京公演が終わってしまうかも…
なんて危機感に一瞬だけ襲われてしまいました(^^;

来週、行けたら行こうかな?なんて思っていたけど“やめますわ!”(笑)
とショールを床に叩きつけて去る…
(なんて事はしませんが~^^;)
2006.06.15 Thu l キャスト等情報 l コメント (4) トラックバック (0) l top
久々に読んでいてふと気が付きました。

「オペラ座の怪人」などの主要演目が7月14日~19日まで休演なのですね。
う~~ん、もしかして高井さんはこのあたりまで続投されるのでは???
なんて考えが頭を過りました。

今週から「鹿鳴館」を終えた田島さんがガスに入り、村さんはお休み。お疲れ様でした~。
でも「鹿鳴館」は9月から京都→名古屋と公演が決定しているので、田島さんのガスも8月一杯かも。スンラさんは韓国LKに行かれるのでは?9月からは村さんキャッツ、高井さんファントムが続くのかな~…

となると今が比較的余裕があると言う事になるのかな。
なんとか「鹿鳴館」が始まるまでに村さんも高井さんも体力や喉の回復ができればなぁ~と思ってしまいます。

余裕があれば東京へ行ってみたいと思っているのだけど。
今なら京都とは違う東京のファントムを好きになれそうになってきたので(^^ゞ
きゃぁ~(笑)
2006.06.12 Mon l キャスト等情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日到着の「京都リビング紙」に「夢醒め」の劇評が載っていました。
ともすれば偽善的になりそうなメッセージが素直に伝わるのは、ミュージカルの質の高さや登場人物の魅力によるものとあり多いに納得です。
ピコ→イキキとかわいい
エンジェル→イケメン!
ヤクザ→絶妙の面白さ
とありました。ついでにメソやデビルの感想もいれて欲しかったなぁ~

さて、先週(2日)にKBS京都で放送された「夢醒め」の吉沢さんのインタビュー番組をかなり遅れてのアップです(A^^;


まずは夕方5時からはじまる「Live5」のゲスト出演。
マチネ公演を終えて直の入りと言う事で顔も上気しています。お肌もやや荒れ気味(><)
靴下の跡も残っています~というコメントでしたが、TV画面には残念ながら映らずでした。
吉沢さんの生声ってハスキーでかなりの低音ボイス。ピコからは想像できません!

舞台映像は「あたしはあたし」の場面でヤクザがなんと吉原さん!
ひとこと、デカイッです!
それと「二人の世界」は苫田さんのマコです。澄んだ綺麗な歌声で小柄なお二人なので吉沢さんとの釣り合いもなかなかいいです。

インタビュー内容は「夢から醒めた夢」の紹介、見所、京都の観客の反応、京都の感想、観劇のお勧めでしたが、ACLから続いて2回目の入洛の吉沢さんですが、前回は忙しくて京都を堪能できていないので今回は堪能したといっていました。
アナウンサーの人がしきりに「床」に誘っていましたので、いつか鴨川の床に行かれるかもしれませんね。
その時は「トンビ」に注意してください。今、鴨川のトンビが狂暴で問題になっているようなので…
京都のお客様の反応は「暖かい目で見てくださっている」でした。

そして次は「Weekly925」の「今週のKeyperson」に出演。
6つの質問!

2006.06.09 Fri l その他(メディアetc) l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。