上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
全国公演のジーザス・クライスト=スーパースターを観て来ました。
彦根の公演ですが、公演終了後、駅まで臨時バスが出ますが、2003年のアンデルセンでは帰りのバスに乗れず歩いて駅まで行きました。2年前のCFYは何とかバスに乗れましたが、今回は余裕でスカスカでした。演目のせい?もしくは不景気で観劇人口が減少してるのか?不思議でした。

感想ですが、今まで2004年から観て来た私の個人的な思いが強いです。今回のジーザスが初見でないのでどうしても前回のキャストと比較してしまい、違和感が拭い切れなかったと言うのが正直な感想です。
そして痛感したのが、柳瀬さんのジーザスは凄かった!と言う事です。今回、金田さんのジーザスをつい柳瀬さんと比較してかなり厳しかったです。
こんな大きな役を一人の役者さんに長くやらせすぎたのではないか?柳瀬さんのジーザスが染み込み過ぎてどうしようもないではないかい!とちょっと劇団を恨むような矛先が違う思いさえ持ってしまいました(^^;

今回の金田さんのジーザスですが、前半はかなり淡々としてかなり利己的な印象でした。でも後半はかなり人間くさい、ただの人っぽい印象でした。特に最後の十字架のシーンのセリフが怒っているような声でした。これが一番の衝撃でもあります。
歌は柳瀬さんより声が高くてやや軽めで、時に甘~い声だったり。ほんの時々ですが、芝さんにも似ているような歌声で芝さんのジーザスの歌声の想像もしてしまいました。

まず第一声から群衆に紛れてジーザスの歌声とは気が付かなかったです(^^;声質でしょうか?柳瀬さん声が突き抜けていましたし、そしてもっと太くてずっしりと心に響いてきましたが…
ジーザスの神殿の出だしの叫びも短いし、「自分で治せ!」もマジ嫌がっている冷たい感じだし、最後の晩餐の「ペテロ、ヨハネ、ヤコブ…」の所は強めの言い方で、2回目はメロディー付きだっと思います。ユダと心情の吐露合戦の時も淡々と上手の方に歩いていかれますし…う~~~ん(><)

ゲッセマネの歌の切り方もちょっと違うし、歌い方も地声っぽかったです。でも、ロングトーンは凄かったです。両手を広げ、思いっきりなが~~~く、なが~~~く伸ばしていました。
迫力はありましたが、いまひとつ気持ちが伝わってこなかったです。
でも、鞭打ちのシーンは凄かったです。打たれる度に縛られた手がブルブルッって震えていました。
そして、おみ足が…まぶしかった!(*^^*)ここだけ惚れてどうする!(笑)

こんなに前任者と比較して金田さんには悪いなと思いました。金田さんは金田さんなりに考え、努力しジーザスを演じておられると思います。違和感としか受け止められない私の観劇態度が哀しかったです。きっと次回観た時はもっと楽しめると思います。

あと、ピラト、アンナス、カヤパ、司祭軍団…すべてに違和感を感じてしまい、ちょっと消化不良…
ピラトも何となくただキレイな声で歌を歌っているような印象が否定できません。
ヘロデ王もかなり頑張って居られたと思いますが、前任者がインパクトありましたから(^^;
前回と同じキャストのユダ、シモン、ペテロ、マリア等は安心して見れました。 特に改めて柳瀬さん、村さんの凄さを実感した次第です。

舞台全体に深みがない感じです。メインキャストの皆さんの声質が何となく似ている人が多いのかな?メリハリがあるようなないような。。。よくわかりませんが(><)アンサンブルもちょっと弱いかな…

金森さんは京都と同様、熱く激しくユダを演じられていて、ユダ中心の舞台でした。
あ、そうそう、すり足で出て来るところは人形振りのような動きで「へ?!」って思いましたが、運命に神に操られた傀儡という意味で受け止めてみました。

前回苦手だった高木マリアも今回は安定感があり安心して見れました。
それと同様に賀山さんのペテロ、本城さんのシモンも安定していていました。本城さんの歌は凄いですね。よく喉が続くなぁ~と思いました。

私が初見だったらもっと楽しめたんだろうなと言う思いがただただ残った観劇でした。
とにかく今回は金森さんのユダに救われた舞台だった気がしました。

金田さんですが、エビータでは芝さんのチェにそっくりだったし、そっくりだったらそっくりで文句を言い、ジーザスで柳瀬さんと比較してブツブツ感想を書いてしまい、本当にごめんなさい!です(><)観劇ファンとは身勝手なものですわ。
そしてやっぱりこの演目が好きなんですよ(^^)


あ、そうだ!「ジーザスは死すべし」のカヤパの歌詞は変わったのでしょうか?
「問題は元から解決せね~ば~」が「問題は解決せね~~ば~」となっていました。
スポンサーサイト
2008.11.29 Sat l 観劇感想 その他 l コメント (8) l top
「いい夫婦の日」にちなんで「美女と野獣」の公演後にウェディングセレモニーが行われたようです。

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/11/20081123t13020.htm

暗いニュースが多い最近ですが、こう言うのってこっちもほわぁ~と幸せになれていいですね! お幸せに!(^^)
2008.11.23 Sun l その他(メディアetc) l コメント (4) l top
いつもパンフが売っている部分にクリスマスツリーが登場していました。
ツリー
天野ラウルを見てきました!わたし的には良かったと思います。
ガタイもいいし、ビジュアルもOKでした。ちょっと目が細いので目つきがやや気になりますが、私はお醤油顔が好きなので意外と好みかも?です(^^)
歌も良いし、心配していたセリフもカクカクでなくて良かったし、意外と芝居も細かくて上手かったです。
ただ、声質が硬いので目立ちます。ラストの3重唱の時、しっかり目立っていました。ラウルの必死さと思えばいいのでしょうが。
声がちょっと低いのと動作も落ち着いているので、登場時点からすでに成熟した大人のラウルでした。 子爵と言うよりは男爵か公爵?う~~ん、後はもう一つパッとした何か目を惹き付ける華が欲しいところですね。

村さんのファントムですが、端々にちょっとお疲れは見られましたが、まだまだいけそうですね。
苫田さんも「Think of me」はちょっとしんどそうに見えたけど、その部分だけで後は大丈夫でした。
荒井さんの頬がかなりこけていたのが心配になりましたが、メグをしっかり演じておられました。
増田さんも緩急自在のアンドレになってきたような気がします。あとはバレエのシーンだけですね… 。小泉さんが結構コミカルかつぞんざいな雰囲気のフィルマンなのでソフトな増田さんのアンドレとは対照的でこのコンビもなかなか楽しめます。
今回、感じたのですが、ブケーの平良さん、良い声ですね。(^^;
「イル・ムート」のヘアー・ドレッサーと宝石商のメイクがめっちゃ濃かったです(笑)佐藤圭一さんと見付祐一さんだと思うのですが…(^^;ほっぺたが真っ赤かで目の周りくっきりの縁取りでした~~。今回のヘアードレッサーが佐藤さん。声域からいってもやっぱり瀧山さんはヘアードレッサーよりはドン・アッテーリオが適役です。

さて終演後はバックステージツアーだったので参加してきましたが、人数が以前と比較して少なく、グループが4つしかなかったので、衣装のコーナーがなくて残念でした。 お話も大体同じでした。

照明の川俣さんは今回は一人舞台に上がり、色んな照明の実演をして下さいました。照明によって舞台上の人がどのように描き出されるのか?どの照明で舞台をどう説明するか?という話がなかなか興味深かったです。

質問コーナーもサクサクと進んでいきました。質問もそんなに変わりなかった気がします。
印象に残っているものは、近鉄劇場の時、劇場が狭くてマスカレードの階段が3段しかなかったそうです。 スタッフは全員で25名いるそうです。人は順次入れ替わるのか?という質問ですが、あざみ野でのお稽古時点から音響さんなどは一緒にやるので殆ど代わることはないそうです。それでもあざみ野と地方要員と3分の一位の比率でスタッフは順次入れ替わると言っていました。

舞台見学で今回注目したのは、のファントムのオルガンのてすりの部分、ある一部だけ塗装がはげていました。ここってファントムが良く触っている部分なのでしょうね(^^)
あとは袖に舞台幕に似せた板のようなものがありそれを手動で動かし、幕のように見せて舞台の間口をシーンによって変えるそうで実演もして下さいました。支配人室のシーンの袖の部分もそうなのでは?と思われます。
下手舞台袖にキャストの人のワイヤレスマイクが箱に綺麗に並べられていました。ちらっと見たら18番:ルフェーブルが確認できました!「烏屋では静かに!」と言う張り紙もありました。「烏屋」とは???それと上手袖入り口に団扇が有って「上手2」って書いてあり、その奥のカーテンの向こうに普通のコンクリートの階段があってプロセアムアーチに続いているのかな?なんて想像していました。


キャストは↓

2008.11.22 Sat l キャスト等情報 l コメント (6) l top
関西情報雑誌の「Richer」に「オペラ座の怪人」を体感するモニターを募集しています。観劇&バックステージ付です。舞台装置、衣装、俳優の練習風景を解説付きで見て回るそうです。きっと広報の林さん(^^;がまた大活躍ですね。

詳しくは http://www.richer.jp/を見てください。プレゼントのコーナーです。

雑誌の写真には岸さんのラウルがメインで載っています。メイク、髭を付けているシーン、バーレッスンをしているシーンが写っています。横に増田さんの後姿も~。開口レッスンのアップは荒井さんではないかと思います。
2008.11.21 Fri l その他(メディアetc) l コメント (4) l top
2月28日で千秋楽のようです。
昨日、カーテンコールで発表があったようですね>四季公式
実は「オペラ座」の方が千秋楽決定かな?と思っていましたが、こちらが先でした。
オペラ座の千秋楽はいつに…ドキドキ☆

「マンマ・ミーア!」と言えば来年1月30日に映画が公開されるので、四季の舞台の方ももう少しやってくれるのかな?と思っていました。 2月は映画と舞台と相乗効果でどちらも盛り上がると良いですね。
2008.11.20 Thu l その他(メディアetc) l コメント (0) l top
ネットで見つけました。
FM高知
去年の京都ジーザスがほんの少し蘇ってきました。来週は彦根公演を観劇します。

「ブラックコメディ」ですが四季公式に寄ると、荒川さん、濱田さんのお二人が関西電力と大阪市立科学館を訪問したとか。社会見学のようでちょっと楽しそうです。濱田さんの髪型、可愛いですね。あっ、私も電気のありがたみに毎日感謝します!

「オペラ座の怪人」ですが、前日出演キャストによると
レイエが、、斎藤さん→深見さん
ルフェーブルが深見さん→林さん
女性アンサンブルさんは、白澤さん→田窪さん
明日は久々のオペラ座観劇です。
2008.11.20 Thu l キャスト等情報 l コメント (7) l top
ブログの更新をします。
気が付いたら一ヶ月以上も更新していませんでした(^^;
広告は付くし、毎日エロコメントにお商売の勧誘コメントが付くし、削除にもちょっとヘロヘロ(^^;
更新をすればちょっとましになるのかも?

この1ヶ月余りの間に観劇した四季作品はのは「オペラ座の怪人」10月10日と「むかしむかしゾウがきた」10月31日、そして11月1日の「キャッツ」です。

今週は久々に「オペラ座の怪人」へ行ってきます。
ラウルがお初の天野さんです。配達人で拝見した天野さん、一体どんなラウルでしょうか。
密かに楽しみにしていた久々の林さんのアンドレは今週で交代になってしまいました。ルフェーブルにお戻りでしょうか~。フィルマンも岡さんから小泉さんに交代のようです。

「キャッツ」には寺田さんが出ているのでこちらも色々とアンテナを張り巡らして情報を集めております(^^;最近はひたすらキャッツのオリジナルCDを聞いています。光枝さんのガスが良いなぁ~、特に「♪この長い尻尾」の部分、そこで涙がウルッ(←相変わらず変なところがツボな私です)

キャスト発表ですが月曜の朝と夜とでは変更や追加があり、微妙に変わっていますね。最近の四季の月曜の発表は信じ込んではいけないようです。おまけに週半ばの交代ももう、ショッチュウ!!ですしね(苦笑)

もう一度だけ「キャッツ」を観に行きたいと思い月末に観劇予定です。個人的には佐渡さんのグリザと野中さんのマンカスが観たいのですが、これまたその日になってみないと分からないでしょうねぇ~~(><)
2008.11.18 Tue l キャスト等情報 l コメント (3) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。