上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
17日のMBS放送の「ありがとう浜村淳です」に金森さんと高木さんが出演でした。
映画好きの浜村淳さんなので映画の「JCS」から「パッション」そして「ダヴィンチ・コード」にまで及んでのお話でした。舞台の具体的な様子やパレスチナの政治の様子など分かりやすく解説してくれたのは、作品が分かりやすくなって良かったです。でも もう少し金森さんのお話が聞きたかったです。

舞台の歌が上手い凄いと言う浜村さんの言葉に金森さんは「ノンストップ100分間の間に2000年前の苦しんでいる方の命の叫びなので、本当に一瞬も嘘のない舞台なので上手いヘタよりも腹底から...。」

作品について
「群集たちが求める救世主が力を失せていくジーザスに対して「殺せ」とまで変わってくる。なんで隣の人は助けて私は助けてくれないんだと言う群集心理の人間の愚かさ、今でも美味しいラーメン屋に並んだり、皆でいじめちゃったりそう言う今でも変わらない人間の根底を描いている。
権力者達は自分の権力を誇示するがために人たちから奪い取ったり恨んだり企んだりする。娼婦のマリアは今も変わらない母性愛を歌っている。
ユダはただの裏切り者ではなくジーザスを愛するがゆえに自分の命より家族よりも大切な理念をジーザスと共に生きるためにジーザスを殺したくないと思うがために金貨30まで裏切る。その金貨を投げ返して「あいつを救ってくれ」と言うけど、イスラエルを救ったと言われながら、そのなかで自ら最後死を迎える。罪のない人を自分のせいで殺してしまった、愛するが故の裏切りなので身をつまされるような苦しみで...」

作品について
「一人の青年が神として救世主として現れたあと力を失せていくために苦悩していく、現代にも通じた自分を見つめられる作品」と金森さん

マリアについて
「同じ人間として(ジーザスは)見てくれ、優しく大切にしてくれジーザスにであって愛というものに素晴らしいものに気付いた」と高木さん

劇団四季について
作品、メッセージを伝える事に徹しているので厳しいです。
(今の社会は)経済的に大変だけど、今も昔も変わらず人間で、人間の根底を描いています。日本も平和だと思えても、自殺される人も年間3万人、10年で30万人、一つの都市が失われている、平和に見えてもそれぞれに悩んでいらっしゃったり、悩んだりしているからが居られるので今だからこそ、是非一瞬一瞬を尊く生きていただければという祈りを持って来ました...といった内容を金森さんが切々と語られていましたが、浜村さんによって話が喉の事について急転換...(^^;

高木さんは2リットルくらいの水を飲んだり喉にいいものは食べるようにしている。
金森さんは刺激のある物も食べていますと。喉を甘やかすといけないので(笑)、寝ている時は加湿器やマスクをしている。

一瞬一瞬お客様と共に過ごす時は嘘のないように命がけでみんな演じている、一人たりとも嘘のつけない芝居なので是非是非~!この大阪が最後なので全国ツアーの締め括りなので是非あと2週間、是非!と金森さん。
スポンサーサイト
2009.06.17 Wed l その他(メディアetc) l コメント (4) l top
昨日(16日)はラジオ大阪の番組に本城さんと高木さんが出演でした。

まず本城さんの日本語が凄い!ペラペラですね!日本に来て7年になるそうです。 バックで「熱狂者シモン」のナンバーが流れていてちょっとお得でした(^^)

まずは韓国の方と言う事で高木さんは「チェ・ウンシリ」本城さんは「ジョン・ユンホン」で日本名の芸名は、本城さんは劇団の先輩の人に助けてもらっての名前で高木さんは浅利慶太さんからつけてもらったみたいです。で、浅利さんはとても温かくて優しくて面倒見の良い方だそうです。
劇団四季入団のきっかけ、お互いの性格とか大阪の様子とかJCSの作品の事、役の事などを語ってくれています。

きっかけですが、
・本城さん
10年前にロックバンドをやっていてミュージカル出演の提案があって芝居の面白さに気が付いて色々調べていたらネットで劇団四季を知って隣の国なので日本に来たそうです。
・高木さん
友達から劇団四季の事を聞いてネットで調べたて厳しいレッスンのシステムが自分にぴったりだと思って。厳しいのがお好きだそうで、本城さんからも「普段から変わっている」と言われていました。人が嫌がる事が好きと言っているそうです。

大阪の土地について
・本城さん
旅公演で3回ほど来たけど、ステイ公演は初めてで、韓国と似ている気がする。人が熱い時は熱いし、冷たく見えても話してみると情が感じられるところが韓国人と似ている。
日本も来た時は全国一緒だと思ったけど地方によって色が違う事、色が違う事が最近分かってきたし、大阪は歩いていると看板が日本語に変わっているだけな感じがする。
「鶴橋」は本城さんは行った事はないけど、高木さんは言った事があって沢山食べたそうです。

JCSについて
・本城さん
去年10月の旅公演からやっているけど毎回新しい気持ちでやっている、燃え捨てる感じ
・高木さん
マリアという役は初めて愛した人が十字架に架けられるけどそれを知っていながら自分では何も出来ない、情けない気持ちだけど、自分を捨ててマリアの気持ちになって演じているので毎日が辛くて重いけど、お客様のために頑張っている。
そこで耐えている役、高木さんにぴったしでないですか!とDJの方に突っ込まれていました(笑)

ミュージカルの表現の難しさは毎日、毎回感じられますか?の問いに
・本城さんはお客さんも毎回違うのでやる前に気持ちを切り替えてやろうとしている。
・高木さんは自分に嘘のない芝居をしようと集中力を高めています。

他の団員さんとは?
・本城さん
楽しくやっているそうです。ディジニーランドに行ったり、来週はUSJを予定しているし、お酒も飲みます。日本のビールは韓国のビールより5倍ほど美味しいし、日本酒に氷を入れて飲む。
・高木さんは梅酒が好きだそうです。

音楽について
ロック音楽でノリノリで好きですと本城さん。

後は公演案内とリスナーへのメッセージで終わりました。お二方のお話も沢山聞けてなかなか良い番組でした(^^)

・本城さん
「この大阪公演で今のジーザス公演は終わりなので最後だから、みんな命をかけてやっているので是非この熱い舞台を観に来てください」

・高木さん
「現代を生きている私たちの姿だと思います。この作品に出会って今まで知らない自分を発見出来るかもしれないし、人生が変わるかもしれません。是非お見逃しなくご覧下さい!」
と紙に書いたメッセージを読まれました(^^)
2009.06.17 Wed l その他(メディアetc) l コメント (0) l top
金田さんと高木さんがNHKFMラジオ「なみはや」に出演されました。

ALW曲特集という事でサラ・ブライトマンの「メモリー」、「エビータ」からマドンナの「ユーマストラブミー」「JCS」からイアン・ギランの「ゲッセマネ」がながれた後、お二方が登場でした。

まずは金田さんに大阪のお客さんの反応の質問
「大阪の人は反応が熱く良いですね。熱く伝わってきます」
DJの方が「歌の途中で拍手をしていいのですか?」という問いに「構わないです…でも…構わないです(笑)」と。

ALWの曲について
金田さん
「曲自体がドラマになっている。曲をきちんと歌えば作品が求めているドラマが伝わる。音域が広いので聞いている人には良い曲だと思うかもしれないけど、歌う人には辛いと思うし難しい」
高木さん
「わずかな変化が難しい。70年代の人は三段階で哀しみを表現したけど、ALWは5段階で表現しているので難しい」
金田さん
「その差がものすごく凄くあるんです」
高木さん
「練習の時はもっと上手く歌えたらいいなぁ~と思っています。舞台では一所懸命やっているので私たちの曲を聴いてほしい」

韓国出身の人が54人いるそうですが…言葉の壁は?
金田さん
「非常に練習しないといけないです…特に外国人だから。発音とか。セリフがあるとイントネーションとか。何ヶ月も練習しないとクリアしない…」
高木さん
「舞台で立って日本語で歌ったりセリフをしたりするのは死ぬほど練習をして(舞台に)出るのですよ。出るのは問題はないと思います」
金田さん
「劇団四季は一音落としたらだめなので。音程も言葉もダメなので、外国人の私たちはもっと死ぬほど練習しなきゃいけないです。」

後はリスナーへのメッセージ、「みんな命賭けてやっていますので観に来てください」で終わりでしたが、高木さんは20日のバックステージツアーの事も言われていました。

金田さんは少しだけですがたどたどしい感じでしたが、高木さんの日本語はかなり流暢で感情がちゃんと言葉に乗っている感じで感心しました。
インタビューの後ろで高木さんの「私はイエスがわからない」と金田さんの「ゲッセマネ」がかかっていました。

金田さんの「ゲッセマネ」ですが、始めはちょっとたどたどしい日本語に違和感があり、“受け入れられない”と思っていたのですが、レポを書くのにこうやって2回、3回と聞いているとそのたどたどしさが妙に苦悩する青年という風に聞こえちょっと逆に癖になりそうになります。声も若くて細めの良い声なので、若者が苦悩している感じがダイレクトに伝わってくる感じがしました。母性本能をくすぐる歌声かも(^^;
2009.06.16 Tue l その他(メディアetc) l コメント (0) l top
http://www.shiki.gr.jp/navi02/medianavi/program/jesus/

開幕前から情報がアップされていますが、今週もメディア出演が目白押しです!
コミュニティーFMの分は地域的に聞けないのですが、FMNHKや毎日放送、ラジオ大阪は聞けるので聞いてみます。土曜日には朝日TV放送にも出演ですね。こちらも楽しみです。
水曜日の「ありがとう浜村淳です」に誰が出演して浜村淳さんと喋るのかある意味が今からちドキドキですが。

このJCSですが、色々イベントが始りましたが、残念ながら全部行けません…(涙)初日観劇も出来なかったし…
2009.06.14 Sun l その他(メディアetc) l コメント (0) l top
明日はいよいよ「JCS」の大阪公演の初日ですが、四季のメディアなびによると阿川司祭様、ラジオ番組に出演宣伝活動です!(^^)
http://www.shiki.gr.jp/navi02/medianavi/index.html

さて今週のキャストですが、朝10時の時とは変更、追加がありましたね。最近の月曜日は気が抜けません(^^;
変更追加ですが、 ソンダンに渡辺さんが追加されていました。朝10時にはなかったです。あ、加藤さんは10時の時点で追加になっていました。ソンダンは今日が公演日で明日が休演ですね。 ウィキッドのグリンダの苫田さんが沼尾さんに夕方に変わっていました。と言う事はやっぱり李香蘭は楽まで野村さんですかね。土曜にマチソワがありますが…(^^;

今週のBBですが、ベルが花代さんから坂本さんへ。花代さんは異国の愛玲ですね、きっと。そして飯田ビーストと坂本ベル…どんなバランスでしょうか~。
あとは人猫のステファヌスが種井さんと言う事は今週も李香蘭の裁判長は高井さんかな?(^^)

そしてそして、四季公式サイトに驚きの発表がありましたね!新しい劇場「夏」が出来るそうです!あの~「夏」という稽古場がありませんでしたか(^^;
2009.06.08 Mon l その他(メディアetc) l コメント (0) l top
公式サイトに初日を終えてすぐに記事と写真がアップで動画もその日中にはアップでしたね。 流石、四季が力を入れている作品だけの事はありますね。 キャストもソウソウたるメンバーですし。

大阪オペラ座の千秋楽の記事のアップが遅かった事とか動画がアップされなかった事を僻んでいるわけではありませんが~(^^;いやぁ~、十分、僻んでいるかな?(笑)

で、山口淑子さんご本人はやはり来られたんだ… 「三時のあなた」に出ておられた事や議員さんになられた時の記憶が残っています。我が母親もファンだったのでした。
初日、行けばよかったなぁ~と今更後悔しても遅い。 東京だけですものね。山口さんが来られるのは。 もし次回東京で「李香蘭」が上演されたら、本物の山口淑子さんを見に絶対行こう~。「ミュージカル李香蘭」好きにとってはやはり本物のお姿は外せません。いつまでもお元気でいて下さい。

動画を見て思ったんだけど、生オケじゃないのですか?オケが見当たらないのですが…地方人としては東京の劇場へ行く楽しみの一つに生オケがあるので、それを奪われるのはちょっと悲しい(><)

キャストですが、愛蓮の秋夢子さんと玉林の青山さん以外は大体予想通りでした。高井さんの裁判長は6年前に観ただけなのでこちらも嬉しいです。で、溥儀が星野さんと言う事はJCSのヘロデは誰だろう?半場さんかな?大塚さんかな?(^^)
検察官が川原さんと言うことは李香蘭が終わるまでBBのダルクは寺田さんで安心していていいかも(^^;田辺容さんは福岡LKですし。
そしてお久しぶりの佐和さん、嬉しいで~す。

話題はBBへサクッと変わって、男性アンサンブルさんに史ユイくんがやっと登場です!おめでとうございます。頑張ってください。
女性アンサンブルは3枠久居さん枠にそれまで2枠だった時枝さんがデビュー。久居さんが近々抜けるのかな…
2009.06.07 Sun l キャスト等情報 l コメント (0) l top
「李香蘭」が開幕ですね。
林さん、青木さん、岡本さん、川地さん、深水さんは確実かな。林さんの弁護官が大好きなんです(^^)
裁判長は種井さんが人猫出演中なので高井さんかもしれないですね。
香蘭は野村さん、杉本は芝さん、川島芳子は濱田さん、愛連は五東さんで手堅く行かれるのかな?公演期間がたったの2週間ですからね。いやいや、もしかしたら新キャストも登場でしょうか?
玉林は道口さんがスカーなので芹沢さんでしょうね。
今回DVDで注目してしまったのが、田島さん!今回も出演してほしいなぁ~(^^)

その他の話題では「エルコスの祈り」の高槻公演と「ウィキッド」の大阪公演の初日が同じ日なのですよね(><)どっちに行こうかちょっと悩んでいます。まぁ、悩まなくてもウィキッドの初日のチケットは激戦で取れないかもしれないですしね。
「エルコス」ではエビータイベントで素敵だった鳥原さんを見たいし、何と言ってもマンマ・ミーアのロージー役以外の青山弥生さんを見たい!(^m^)

6月のオフステージ日記は「WSS」ですね~。元気で楽しい記事がアップされそうな予感(^^)
2009.06.05 Fri l キャスト等情報 l コメント (0) l top
本日、届きました!
新人さんデビュー記事が新鮮でした。
オペラ座のカテコのアングルも!
全体に新鮮な感じでした。

公演情報を見ていたら平日2公演日が月一回に減っていますね~
ちょっと嬉しくなりました。 数より質を大事にして欲しいですから~(^^)

スンラさんのインタビューは良かったです。 目からうろこでした。
「誰の中にもユダ(影)がいる」 名句だと思います。ついでに目から涙も出そうでした。
JCSが楽しみ!

そのJCSですが、動画がたくさんアップされていますが、柳瀬さんの歌声がまだまだ染み付いている私には金田さんのゲッセマネなどちょっと違和感…柳瀬さんよりはちょっと細めの声ですよね。 金田さんは全国公演で一回だけ見たのですが、改めてこうしてしっかり聞くと、ふむ…
大阪公演に通ったら違和感がなくなるのでしょうか。

アルプとは違うのですが、「オフステージ日記」が今月はどのカンパニーになるのでしょうか。ソンダンはお稽古日記があったし、ウィキッドは前回担当されていたし、BBかな?BBは更に延長だし、もしかしたら「李香蘭&異国」とか?「李香蘭」なら関東軍特集を是非やって欲しいで~す!
2009.06.01 Mon l その他(メディアetc) l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。