上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久々にオペラ座を観に行ってきました。

1399774470_176.jpg

今回は涼太さんラウルと河村さんカルロッタでした。
全体の感想は、熱さと清々しさが合体したいい舞台で、終演後に雨が降り止んだ今回のお天気のようにとてもいい気分で劇場を後に出来ました。

特に今回のプリマドンナは迫力が半端じゃなかったです。まとまりもあり、良かったです。名古屋まで来た甲斐がありました。歌える人ががっつり揃っていたって感じでした。
名古屋公演って舞台上のマイクの音量が上っているのでしょか?アンサンブルさんのセリフ声が良く聞こえました。ハンニバルやガラの後とか。ハンニバルではマダムが怪人の話をしている時に「きゃぁ~」と悲鳴のようなものも聞こえました。

さて、お初の河村カルロッタですが、若くてとてもお美しいです。クリスティーヌが出来そうかも?
種子島さんとはちょっと違ったカルロッタです。嫌味やアクが薄いといえば薄いけど、まぁそれはそれで楽しめました。諸さんのお高いツンとしたカルロッタも久々に見たいなぁ~。
声はカルロッタをやるくらいなのでしっかり出ていますが、種子島さんよりはやや硬質かな?7重唱はアンドレに増田さんもいるので歌が凄い!皆さん、歌う歌う!(笑)とにかく迫力がありました。 プリマ・ドンナのストール回しもブンブンまわして頑張っておられました。

苫田さんのクリスってかなりラウル寄りに思えましたが、最近はこんな感じなのでしょうかね。「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」の時のしぐさ一つ一つが可愛くてラウルラブ~が前面に出ている印象でした。なので怪人が本当に哀れになり可愛そうでした。
クリスティーヌという役は愛のバランスが難しい役だと改めて再確認。物語をかなり左右しますね。今更ですが(^^; う~~ん、もう少し怪人の声に支配されている独特な雰囲気が欲しいかな。今回はちょっと浅くて平べったいクリスティーヌに思えました。

ファントムの高井さんはレベルをキープして舞台をしっかり支えているって感じでした。安心して見てられました。オペラ座、ソンダン、そして今回のオペラ座とお休みなしの出演ですが、この状態での今回の舞台は流石としか思えません(^^)良かったです~。ただ、私がオペラ座を見すぎているせいか、昔のようにファントムの歌声でドキドキしたりウットリしたりと言う感情はほとんどなくなった感じで、逆にかなり冷静に見てしまっています。それはそれでちょっと寂しい思いもありました(^^;

支配人'sのコンビは個人的に好きな組み合わせです。ソフトな増田さんのアンドレとお茶目な青木さんのフィルマンとデコボコ具合もいいですし、歌も聞かせてもらえますし、堪能~です。

今回はカテコも盛り上がり、スタンディングも出てましたが、他の公演地と比べて何となく拍手が少ない気がします。寂しい…

今回はアンサンブル@寺田さんもしっかり確認してきました。2枠は京都公演で何回も拝見しているのですが、あの時はよく分かっていなかったので今回はばっちり見てきました(笑)

スポンサーサイト
2010.02.01 Mon l 舞台感想 オペラ座の怪人 l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。