上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「美女と野獣」初日と翌日の感想。

今のキャストは最高! 
 開幕とあってか手堅く攻めてきたなぁ~って感じです。 
私にとって京都劇場でのBBは4年前も毎月通っていた思いで深い作品。今回も感慨深く胸を熱くしていました。 
前回デビューされた方が今はしっかりとベテランとなりカンパニーを引っ張って行っている様を感じました。その反面、もう観れないあの人、この人を色々思い出し、ちょっとセンチメンタルに(;;) 
 
花ちゃんベルはクリスティーヌ、ストレートプレイを経て来ただけはあり、前回のような冷たい感じは全く感じませんでした。表情も良いし、歌声はとってもキレイだし、ダンスはキレキレ!ビーアワーゲストの時の足上げダンスの時、一番上で必ず足を一瞬止めるのですよね。メリハリが効いて見えます。 
 
佐野さんはもう何も言う事がありません。細かい感情表現をあのビーストのメイクでもしっかり伝えてくれます。特に目で語ってくれます。 
やんちゃで繊細。コミカルさも言う事なしです。 
あ、「食事に来て欲しいからだ!」(だったかな?)とドタバタと地団駄を踏むシーンが以前は跳ねていたのだけど、今回は跳ねていませんでした。セリフ回しも前回と変えている部分もあり、色々と工夫されているのだなぁ~と更に感心。 
 
ガストンの田島さんもナルシスト度パワーアップでした。コロコロ変わる表情も楽しかったです。ルフウとのコンビネーションも絶妙!京都デビュー後、1年近く続投だったのですよね。しみじみ。 
 
道口さんのルミエールも京都楽直前でデビューだったのですよね。それがこんなに上手く、観客を魅了させるルミエールに成長されて…ウルウル… 
ちょっとねちょう~~といやらしくて、動きも大きくコミカルさがかなり効いていて良いです。セリフの間がとっても上手くて笑いが良く起こっていました。 
手の炎が時々片手だけになるのは仕方ないですね。 
あ、おまけですが、暴徒のシーンで薪が必ずどなたか消えてしまうのもデフォですかね?(笑) 
 
コッグスワースの青羽さんも上手いです。そつなくこなしておられます。誉めています(^^; 
 
ポット夫人の竹原さんが私の個人的イメージからするとちょっと元気すぎるかな?末次さんのポット夫人が好きだったのもので… 
 
小川さんのバベットですが、可愛いお色気の人です。足の跳ねの動かし方が有永さんよりはちょっと小さいかな。2幕のプチソロも初日はあれ~って感じでしたが、今日は良かったです。昨日は3重唱も微妙だった… 
この人はメグでデビューの時はおよよ~って感じでしたが、人猫のジリアンで全国を回られたせいか演技がかなり良くなっていました。 
 
今のBBカンパニー、最高!!!!
「キャスト」

ビースト : 佐野正幸  ベル : 木村花代
モリース : 松下武史  ガストン : 田島亨祐
ルミエール : 道口瑞之 ルフウ : 遊佐真一
コッグスワース : 青羽剛  ミセス・ポット : 竹原久美子
タンス夫人 : 織笠里佳子 バベット : 小川美緒
チップ : 川良美由紀



【男性アンサンブル】
寺田真実 小出敏英 岡本繁治 池田英治
安江洋介 瀧澤行則 キン マング 石野喜一
影山 徹 清川 晶

【女性アンサンブル】
久保田彩佳 時枝里好 久居史子 倉斗絢子
倖田未稀 世登愛子 市川友貴 小島光葉
荒木美保 林 初実
スポンサーサイト

2009.04.24 Fri l 舞台感想 美女と野獣 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。