FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
fm osakaの「おしゃべり音楽マガジン くらこれ」に出演でした。次回、8月2日も出演のようです。

早水さんは宮崎で生まれ、東京葛飾柴又で育ち、帝釈天を遊び場に学生時代は矢切の渡しの土手を眺めながら育ったそうです。
音楽の道に入ったきっかけは、8ヶ月1800グラムで生まれたのでお母様が一人でも生きて行ける様に手に職を!と言う事でピアノと日舞を小さい頃からやっていたようです。途中でピアノを選んだそうですが。練習が嫌になって途中でピアノに鍵をかけられたエピソードも話されていました。
「小さくてちゃんと育つかどうか」という所でアナウンサーの方が「その体で?!」と言われ、早水さんが「きゃぁ~ごめんなさい!TVでなくてよかった!」と笑われていました。
早水さんってお喋りしている雰囲気やお声を聞くと意外と若いのかな?って思いました(^^;

大学受験はピアノ科で行きたかったけど、作曲の先生に付いた時期にピアノより歌の方が向いていると言われ、それが声楽へのきっかけになったようです。
音楽関係の道を進もうと考えたきっかけは中学の卒業式の時に「愛の賛歌」を歌った事だそうです。

ピアノでは「乙女の祈り」が発表会でどうしても弾きたかったけど、手が小さくて弾けなかったという事で、あこがれの曲「乙女の祈り」がかかりました。

次は芸大の入試の話や入学後の話でした。オペラに行きたかったけど声量が少なくて無理だと先生に言われ、ドイツ歌曲を勉強していた。オペレッタやミュージカル系の物がどちらかと言うと好きだったそうです。オペラ科に所属して芸大を卒業して3年間女子校で音楽教師をした。
とここで「メモリー」がかかり、55stepsの簡単な説明があり1部終了でした。

この時の流れたシラバブは誰だろう?意外と大人っぽい。インタビューの間、「ようこそ劇場へ」「王様になりたい」など流れていました。村さんの歌声も聞こえていたので名古屋公演時のものでしょうか。

さて、いよいよ本日初日です!
スポンサーサイト
2009.07.13 Mon l その他(メディアetc) l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。