上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先行予約で取っていたチケットで今回はかなりの前方席(@@)
前方席だと細かい表情も良く見えるし、アンサンブルさんの見分けも出来るし、目がいくつあっても足りない位です。

まずはアンサンブルさんですが、ソルトとペッパーは意外と若い事が分かりました(笑)
計量スプーンが小出さん、ケーキサーバーが赤間さん、卵かき器が岡本さんでした。
史ルイさんは細身で背が高くて素敵ですし、熊剣さんは目がくりくりして色も白くまるで女の子みたいでとても可愛い人です。キンマングさんもスラッとしています。酒場のシーンでは良く分かります。安江さんのナイフやチーズもなかなか可愛いです。
アイーダでお馴染みの影山さんもしっかり見つけられました!カテコの貴族の衣装がとっても似合っています。石野さんはドアマット以外の枠もしっかりわかりました。

次に感動したのは、絶対聞こえないであろう小さなセリフ声も聞こえた事。特に2幕冒頭のオオカミに襲われるベルを救う時のビーストの「ベルッ!」との声にドキッ!

更に衣装の細かい装飾も分かって目福でした。
カテコの王子様の上着のビーズの模様は細かくてとっても綺麗でした。
と言う風に楽しい事も沢山あるのですが、ただ困った事も…

まずは「ベル」のスカートの茶色のしみ!(^^;
ガストンとの絡みの時にちょうどガストンが回す手の部分、ベルの左の腰の辺りに茶色のしみがあって、それがかなり目だっていました。一回気になるとずっと気になってしまい、舞台に集中できませんでした(苦笑)
そして舞台転換時に聞こえるジャラジャラと鎖の音。
しかも転換前に動き出すので気持ちが(^^;
ステージ上の振動もバンバン体に伝わってきて迫力があっていいのですが、逆に伝わりすぎて「あれ?」って事も(笑) 特にガストンガ塔から落ちた時に「ダダダ~ン」という音響の前に明らかに人が床に落ちたような振動が先に伝わってきます(笑)

逆に楽しかったのは、何と言っても皆さんの表情が良く分かる事ですね。佐野さんのビーストは目の動きが細かくかつとても分かりやすい!時々ウルウルしているのも良く分かりました。 歌声も綺麗でした。
お芝居も所々変えているようで、ベルに夕食のお誘いを頼む時のドタドタする所が今回は足を前に出すような動きでした。それと最近では2幕のベルを帰す時の歌の「死がいつかこの呪いを…」の「死が」が歌ではなくセリフになっています。
坂本さんのベルも表情が細かいです。「変わり者」と言うよりは芯がしっかりしていた頼りがいのありそうな感じでした。 ビーストの佐野さんもそうですが、安定していて演技でもしっかり楽しませてもらえるのでこのコンビもなかなか良いですよね。

竹原さんのタンス夫人ですが、ポット夫人の時に感じた印象と同じでやはり元気一杯に思えました。
織笠さんのポット夫人は包容力やしっとり感を感じられ、私の好みです。

で、田島さんのガストン!本当に最高です!「俺様カラー」が爽快なくらい全開で気持ち良いです!(^^)

さて川原さんのダルク枠ですが、「変わり者のベル」の帽子屋さんではなかなかのナルシスト振りです。体や顔の雰囲気が寺田さんに少し似ているのでちょっと間違えそうになりました(笑)「おはよう!お元気かい?」の歌声もなかなかの美声。
「酒場」のマスターもなかなかの芸達者(笑)今回は前方まで出て来られて舞台床を拭いていました。目の前まで出てこられたのでビックリしました(@@)
「ビーアワーゲスト」のコルク栓抜きは寺田さんほどの速い動きの腕回しではなかったですし、ニコニコ笑顔はやっぱり寺田さんの特許ですかね(^^)

ダルクも良かったです!声の良さは「李香蘭」の時から注目はしていたのですが、今回も期待通りでした。演技もなかなか細かくて楽しめました。特にガストンからお金を受け取った後の演技が細かかったです。お金の袋をジャラジャラと触って楽しんでいました。
でもでも、あのダルクのねちっこいドロ~~~とした不気味さは寺田さんには勝てませんね~(笑)声のねちっこさやダルクの指のゆる~~い動かし方の不気味さはやはり寺田さんです(笑)空気の流れや温度が明らかに周囲と違ってくるのを感じます。 メイクも寺田さんの方が確実に数倍不気味!(^^;

「美女と野獣」次は飯田さんが戻ってこられたらまた行こうかな?(^^)
キャスト

ビースト : 佐野正幸      ベル : 坂本里咲
モリース : 松下武史      ガストン : 田島亨祐
ルミエール : 百々義則     ルフウ : 遊佐真一  
コッグスワース : 青羽 剛   ミセス・ポット : 織笠里佳子
タンス夫人 : 竹原久美子   バベット : 有永美奈子
チップ : 岸本美香



【男性アンサンブル】
川原信弘 小出敏英 岡本繁治 赤間清人
安江洋介 史 ユイ キン マング 石野喜一
影山 徹 熊 剣

【女性アンサンブル】
久保田彩佳 長寿真世 龍門祥子 倉斗絢子
倖田未稀 世登愛子 市川友貴 渡辺夕紀
丸山れい 林 初実


スポンサーサイト

2009.07.17 Fri l 舞台感想 美女と野獣 l コメント (7) l top

コメント

No title
ますます京都行きたくなりましたー!
BBはまだ2回しか見たことないので、誰が何をやっているかさっぱりで。

川原さんは李香蘭で好きになって、LKで完璧虜になりましたv-10
ベルの服のシミをみつけっちゃってもいいので、近くで見たいです(笑)
2009.07.17 Fri l Miko. URL l 編集
No title
>Mikoさん
私もやっと最近ですよ。アンサンブルさんの見分けが出来るようになったのは(笑)2003年から見ていますけど(笑)
関東でも上演されたら是非アンサンブルさんの見分けがつくほど通ってくださいね!(^^)

川原さんはLKでも素敵なのですね!LKは名古屋で2回しか見た事がないのでいつか観る時が来たら注目してみますね。
2009.07.20 Mon l apple. URL l 編集
No title
こんばんは

以前、一度お邪魔した事があるように思いますが お伺いするのは久しぶりです。。。記憶があいまいですみません。
いつもいつも楽しく拝見しています^^

昨日、「美女と野獣」、今季5度目ですが初めての最前列席で観てきました!
ちさとさんのレポを読んで行っていたので 最初からベルのスカートを目を点にして見てしまいました。

ん?シミ、汚れなどどこにも見当たらないぞ・・・?
何枚かの衣装を交換して使っていらっしゃって、今日はクリーニング済みの衣装か・・・?と。  良かった!気にならない~~^^

と思ったら、最初のダンスのからみの中でガストンがベルを肩に担ぐ場面がありますがその時に ガストンの左頬がスカートにバッチリ当たり、ベルをおろした時には汗とドーランが濃く、広く、茶色く、付いていました。

時間が経つにつれ、汗が乾いたのか全体的に少し薄くなりましたが ベルが袖のちぎれるブラウスに着替えてきても スカートのほうはずっとそのままでした。

私はちさとさんのお陰で汚れの訳が分かり何ともなかったですが 最初からシミの付いたお衣装を着ておられると思ったらずっと気になるのは分かります。何となくイヤですね。

という事は、毎日きれいになったスカートを用意されているのでしょうね。それも大変!

鎖の音は気になりませんでした。

率直な感想ですが、「美女と野獣」での初最前列席をずっとワクワク楽しみにしてましたが「とちり」とまでは行かなくても もう少し後ろの方が観やすいように思いました。

その代わり、ちさとさんがおっしゃる通り佐野さんが色々と細かい表情、表現をされているのが良く分かり感心しました。
「愛せぬならば」完璧ですばらしかったです!!!もっと聞きたい。

ダルクは寺田さんんのようなアクの強さがなく、存在があまり目立ってなかったですね。

そろそろ飯田ビーズとになりそうですね。

またお邪魔させていただきます。よろしくお願いします。

 

2009.07.20 Mon l ももか. URL l 編集
No title
ごめんなさい。

いつも読んでいるブログの方と名前を間違えてしまいました。

大変な失礼をお許しください。
取り急ぎお詫びさせていただきます。
2009.07.20 Mon l ももか. URL l 編集
ありがとうございました!
>ももかさん
こんにちは。コメントをありがとうございました(^^)
5度目の観劇で、最前列だったのですね!楽しんでおられますね(^^)
今回ベルのスカートのシミの原因を解明してくださって私もスッキリしました。あれはガストンのドーランなのですね。そう言われれば、上手でガストンとベルの会話の時に目に付いたので「あれ?それまであったかな?」と思っていたのでそれで納得です。

ビーストはあのメイクですので目の表情で心情を語れると言うのが佐野さんのビーストの上手さの一つでもありますよね。あ、歌は言わずもがなですが。

ダルクの川原さんもこれからどんどんあくの強さが出てくるかもしれないですね。こちらもこれからのお楽しみですね(^^)

HNの間違いはお気になさらないで下さいね(^^)また感想をお待ちしています。
2009.07.22 Wed l apple. URL l 編集
みなさん、よく見てますね。
 みなさん、細かいところまでちゃんと見いるんですね。
 私も、舞台に近い席に座れた時は、いろんな音や、間近で見る俳優さんたちの動きとか表情を見ています。
 鎖の音は、私も聞いたことがありますよ。あのジャラジャラいう音。
 あと、舞台の上に幾つもあるライトを、場面転換にあわせ、向きを変える際、ライトの色を変えるために色のついたセロハンみたいなスライドが「カラカラ」と回る音がします。(以前、何のオトだろうと思ってチラ見したことがあります。)
 舞台の上には、いろんな仕掛けが沢山あって、「あれっていったいどこで動かしてるんだろ?」と観察するのも、ちょっとした楽しみ方でもあるのかな。
 ところで、今週末は、ウィキッド大阪公演の先行予約があります。
 もちろん、チケットを取ると思いますが、私も遠方から先行予約に参加いたします。ちなみに、初日意外の日を取るつもりですので、チケット争奪戦のライバルにはなりません。
 私は、東京公演を何度か観ましたが、appleさんを含め関西の四季ファンの皆さんに、見所を一つお話します。(appleさん、ウィキッドの東京公演見てたら聞き流してもイイです。)
 悪い魔女エルファバがかぶっている黒い三角帽子ですが、これには、ちょっとしたドラマがあります。
 見に行った時に、気にしてみてください。
 あと、このミュージカルは、一階席よりも二階席で観る事を是非ともおすすめします。舞台装置が凝っているので、二階席から角度をつけて舞台を見下ろすとかなりワイド感が出ます。
見上げる席よりも、見下ろす席でウィキッドを堪能してみて下さい。

少し、気が早いですね。
2009.07.22 Wed l なっちょ. URL l 編集
ウィキッド
>なっちょさん
ウィキッドの見所を教えてくださってありがとうございます!いよいよ明日、大阪公演の先行予約ですね。楽しみです。なっちょさんは初日以外を狙われるのですね。その方が賢いかもしれませんね。お互いに希望のチケットが取れると良いですね。それと2階席も良さそうですね。一度2階からも見てみたいものです。やっと地元に「ウィキッド」が来るのだから色々な楽しみ方をしたいと思っています。情報をありがとうございます。

それとBBの事ですが、舞台の上のライトも注目すると面白そうですね。秋に最前列のチケットがあるので絶対確認してきますね!こちらも貴重なお話をありがとうございました(^^)
2009.07.24 Fri l apple. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。