上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ウィキッド

初日以来2回目の「ウィキッド」を観て来ました。

フィエロは岡田君でした。彼、格好良いですね~(^^) 背も高いし、オーラもあるし。
マンマのスカイとか良いんじゃないかな?って思っていたら、すでに出演済みでした(^^;オペラ座のラウルにはどうかな?って思ったけど、歌がちどちらかと言えばポップ調なのでちょっと厳しいかも?見栄えはバッチシだけど。岡田君のフィエロですが、初日に見た北澤君より合っている気がしました。

今回は木村さんのエルファバがとっても良かったです。
スラッとした容姿もエルファバにあっているし、演技もいいし、そして歌が抜群にいいです!一幕ラストは鳥肌が立ちました。
ニ幕はちょっと耳が痛かったけど(^^;
台詞もスムーズでした。ただ一箇所、「全然」が「じぇんじぇん」って言われていたのとラスト近くでちょっとイントネーションがおかしい言葉があったけど許容範囲内でした。 デビューしたてには思えないくらい完成度が高かったです。

苫田さんも出だしの歌が掠れていて苦しそうに思えたけど、段々とパワーアップしていました。苫田さんのグリンダはクリスティーヌより好きかも。
ポピュラーが終わった後ってハァハァしながら次の場面に繋がっていきました。あれだけ動いてあれだけ歌うって大変な事なんだなと改めて思いました。以前、特番で沼尾さんがランニングマシーンで走りながら歌っていましたね。
それにグリンダはほぼ出ずっぱりだし、出ていない時はきっと着替えをしているだろうしね。体力が要りそうな役です。それに演技もコメディタッチにしたり、いい子ぶりっ子や逆にシリアスにしたりとかなり幅がありそうなのでこちらも大変そうです。でもやっていて楽しい役かもしれないですね。

中野さんも良かったし、勝間さんもよかったです。
ネッサローズのお父さん・総督役は誰かな?いい声をしていたなぁ~(^^)

それと魔女狩のシーンって美女と野獣の野獣を村人たちが捕まえに行くシーンと似ていますね。

今回は本音でぶつかる女の友情物語を楽しみました。
2幕後半の二人で歌うシーンは良かったですね。目頭がじんわり熱くなりました。

タイムリーに公式に岡田さん、木村さん、勝間さんのデビュー舞台裏の様子が載っていて、ああやって練習をつんであの舞台を作り上げたんだと思うとまた新たに感動が沸いてきます。
グリンダ : 苫田亜沙子      エルファバ : 木村智秋
ネッサローズ : 勝間千明     マダム・モリブル : 中野今日子
フィエロ : 岡田亮輔       ボック : 伊藤綾祐
ディラモンド教授 : 雲田隆弘   オズの魔法使い : 松下武史


【男性アンサンブル】
須永友裕 町田兼一 花沢 翼 松尾 篤 成田蔵人 
山田真吾 賀山祐介 清原卓海 三宅克典

【女性アンサンブル】
織田なつ美 間尾 茜 西浦歌織 孫田智恵 小野さや香 
小澤真琴 石野寛子 花田菜美子 増山美保
スポンサーサイト

2010.03.06 Sat l 観劇感想 その他 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。