FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
劇場   劇場 劇場

画像は劇場の外と1階ロビーと2階の客席の入り口の様子です。劇場の1階ロビーにはチケット売り場、写真付きのキャスト表、特大舞台写真パネル、売店があり、奥にはロッテホテルに通じるドアがあります。そして仮面のレプリカの置いてある所を挟む様にして両脇にエスカレーターと階段があり、中2階へ。こちらには仮面のパネルに出演者の写真ボードやゴールドのファントムの仮面のレプリカ、オペラ座のフォトスタンドもあり、色々な所で記念写真が撮れるようになっています。
さらに上に上がると客席のある2階に着きます。売店や喫茶コーナー、入り口の上には出演者のインタビューなどのプロモが流れています。
客席の入り口でチケットを切って貰います。ここがもぎり口になるので、幕間はチケットを持って出ないといけないです。
逆にチケットを持っていなくてもロビーでお買い物ができるのはいいですよね。キャストの確認もできるのでグッズを見たりプロモを見たり、出演キャストを知ったりしたらやっぱりチケットを買ってしまいますね(^^;

<マスカレード>
舞台が大きいので四季版より横に長いのでちょっと間延びした感じも受けましたが、迫力はあったと思います。衣装や振りがこちらも微妙に違っていました。
トライアングルの人のスカートがちょうちんブルマみたいだったり、メグの衣装が違っていたり、アンドレさんが帽子をかぶっていたり、フィルマンさんのマントが違っていたりと色々違っていました。
一番違っていたのは、アンドレさんが骸骨タイツをとても恥ずかしそうにマントで隠していた事です。はじめにマントをバァ~と開いて客席に見せて笑いを取っていました。時々「あら、恥ずかしい!」と言った表情が面白かったです。
「デダハン(すごい)、マスカレッド!」もいい声でした。

小太鼓の人が太鼓を叩く度にリアルな音が聞こえるのも新鮮でした。役者さんが叩いている音なのか、オケピからの音なのかはっきりわからなかったのですが、何となく舞台上の役者さんが叩いている感じでした。

クリスとラウルの振りですが、まずクリスを探しているラウルの動きが違っていました。四季版では舞台上手端に来て片足を動かす振りがあるのですが、それはなかったです。途中、女性アンサンブルに囲まれてクリスを探すの阻止されたりしていましたし、クリスもマントの人にかなり邪魔されてラウルをなかなか探せない感じがよく分かりました。
やっと出会えた二人ですが、四季版のように肩リフトもしくは抱き上げてクルクルはなく二人で両手をつないで回っているだけでちょっとフォークダンスっぽかったです。大の字リフトはありましたね。
そして一番違っていたのは全員で踊る「マスカレード」です。
四季では手を片手ずつ上へ上に上げていく動きですが、これがまるで盆踊り?阿波踊りのような両手をヒラヒラさせる動きでした(^^;これは四季版の方が絶対見応えがありますね!

そしてファントム登場時もかなり派手に悲鳴が聞こえるし、ファントムの所によっていくクリスに皆が「クリスティーヌ!」って感じで全員が叫びます。
一方ファントムの靴音をカン!カン!と言わせながら迫力たっぷりに降りてきます。消える時は奈落へ落ちるのでなく下手へ捌けました。レッドデスの衣装もこちらの方が豪華でしたよ。

<支配人室&ドンファンのお稽古>
クリスの青いドレスの模様が微妙に違っていました。ここのクリスはマジで主役を拒絶します。激しいです。
必死で説得するラウル…でもクリスの方が強い感じでした。
拒絶するクリスを見守る支配人たちですが、「やれやれ」と言った感じで四季版ほどの深刻さ、悲壮さは感じなかったです。
ここのピアンジはお腹に詰め物をしています。ファントムの手紙と辻褄を合わせないといけませんしね(^^;

お稽古シーンではクリスはすでにフードを半分ほど被っています。墓場のシーンが終わるまでフードは半被りでした。
レイエはかなり激しく怒っていますが、やっぱりどことなくフレンドリーさを感じる私でした(^^)歌声がなかなかよかったです。オルガンの後ろでアンサンブルさんが歌うシーンはあまり不気味さはなかったです。

<墓場にて>
今まで何十回とオペラ座を見てきて、今回、初めて気が付きました(汗)
この時しているクリスの赤いマフラーはラウルが言っていたあのマフラーか、もしくはパパとの思い出がこもったものではないかと(^^;
下手端で歌い出しながらマフラーに頬擦りをしてとても愛しそうに歌うソヒョンクリスを見て自然と感じました。今まで自分は何を見てきたのでしょうね(笑)
ラストは「♪アンニョ~~~ン↑↑」と音程があがりますので、とても拍手がしやすいです。
何度も言うようですが、ソヒョンさんは地声からオペラ声への切り替えが本当に見事だし、声量もありとても綺麗な声です。見事です!

ファントムはお墓の横から出てきますし、火の玉もバンバン放ってきます。激しいです!ラウルは帽子は被っていなかったですね。最後の火柱は舞台から3本のガズバーナーのようにボーーーッと燃え上がります。とっても熱かったです(@@)
このシーンのクリスとファントムのデュエットが鳥肌ものでした(@@)二人の声が溶け合っていてうっとりでした。
スポンサーサイト
2010.03.22 Mon l 舞台感想 オペラ座の怪人 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。