上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
感想の前に、メグ・ジリーに新キャストが追加されましたね!(@@)
千秋楽まであと4公演という時点の新キャスト登場には本当に驚きました。
最近は劇団四季さんには驚かさせられてばかりです。

この時期の新キャスト!千秋楽が近くても普段通りに新キャストのお稽古もしているって事ですね。
で、どんな感じのメグなのでしょうか。京都公演にも出演なのでしょうか。

さて、今回(27日)は自分にとって最後の名古屋公演です。

全体的になんと言うかラストに向けて個々のパワーは熱さは伝わってきましたが…パワーありすぎ? といった印象をまず受けました。
理由は席の関係かもしれませんが、個々の声が聞こえすぎてコーラスのバランスが悪かったです。
マイクを切っている人がいるのでは?と思うほどコーラスのメロディが聞こえず低音パートが聞こえたり…ふむ(><)
「ハンニバル」の出だしがバラバラでしたし、「マスカレード」でも中低音が良く聞こえてメロディが聞こえなかったですね。特に太鼓のグループの歌声が聞こえすぎでした。
意外と深見さんの声が良く聞こえていました。舞台上のお互いの声って聞こえないのでしょうかね。ちょっと目立ちすぎでした。
全編を通して瀧山さんの声も良く聞こえますよね。

「イル・ムート」でも宝石商、ヘアー・ドレッサーと熱い演技をされているのですが、どうも他の方とのテンションが合わない感じ。カルロッタが全編を通して歌が弱く感じるのでその思いを引き摺り、ついそんな感想を持ってしまいました。

さて、主役3人ですが、最近はファントムではなくクリスティーヌメインで見てしまう私(^^; 「オペラ座の怪人」なのにこれでいいのか???と自問自答(汗)

沼尾さん、表情が細かいです。ため息や驚いた声などよく聞こえます。 「ハッ」という声が本当によく聞こえます。 それがいいのか、悪いのかはわかりませんが。
細かく熱い演技をしているクリスティーヌに対して、高井さんのファントムの演技が薄く感じました。
でも歌はさすがだと思いました。緩急自在に声を操り大きなぶれや破綻もなく丁寧に歌われていたと思います。
ラストちかくの「地獄の中に~♪」は裏返りましたが、逆にファントムの切なさとしても取れ、胸が痛くなりそうでした。
歌は良かったのですが、その歌に対する演技を考えると高井さんの俳優としての体力、技量の器が10あるとしたら、きっとその8~9割は歌のコントロールに使われているのではないかな?と勝手に思っていました。 歌と演技のバランスは難しいのでしょうね。
演技を熱く!と思いつつ、熱い演技を毎回毎回見ているときっとクドク感じ飽きてくるかもしれないので、高井さんのファントムはこれでいいのかもしれないですし、この演技、この歌声が高井さんのファントムの良さなのかもしれないですね。

特に今回は千秋楽週の中盤だったので、気持ち的にちょっと苦しいギリギリな状態なのかな。14週続投でしたか??? 千秋楽まであと4回。次の日がソワレなので少し休めますし、ゴールが見えてくる土日あたりはきっともっとテンションも上がり演技にも力が入ってくるのでは?と思います。

林さん、一ヶ月前よりは元気でした。先月は薬でも飲んでいるんじゃないかと思ってしまいそうなぼ~~~としたアンドレでした(^^;
鬘はきっとツーパタンありますよね!今回はピッチリ系でした(笑) もうひとつはフサフサ系。

平良さんはいい声ですね。声的には好きなフィルマンです(^^)
平良さんもかなりフィルマンが慣れてきたような感じに見れました。

で、いま私が気に入っているのがバレリーナの榊山さん。かわいいです。 韓国のクリスティーヌのキム・ソヒョンさんにちょっと似ている!(^^) 今回は黒髪アンサンブルとトライデントをされていました。

特別カーテンコールはシンプルで返ってしみじみとしました。カーテンコールの意味を考えさせられました。
一人一人に「ありがとう!お疲れ様!」の拍手を熱く沢山送ることができてよかったと思います(^^)

ありがとう!名古屋、オペラ座!

次は京都です。しかも1ヶ月強で開幕ですので寂しい感じがまったくしません。
で、舞台設定は間に合うのでしょうかね。
京都劇場もあと1ヶ月でオペラ座仕様になるのですね。。。


1月27日(木)マチネのキャスト


オペラ座の怪人 : 高井 治       クリスティーヌ・ダーエ : 沼尾みゆき
ラウル・シャニュイ子爵 : 鈴木涼太   カルロッタ・ジュディチェルリ : 種子島美樹
メグ・ジリー : 小林由希子       マダム・ジリー : 戸田愛子      
ムッシュー・アンドレ : 林 和男    ムッシュー・フィルマン : 平良交一
ウバルド・ピアンジ : 半場俊一郎    ブケー : 金本和起
ムッシュー・レイエ :田代隆秀      ムッシュー・ルフェーブル :深見正博


【男性アンサンブル】
瀧山久志 増田守人 野村数幾 伊藤礼史 
伊藤潤一郎 玉城 任 佐藤圭一

【女性アンサンブル】
吉川瑞恵 河村 彩 英 陽奏 菊池華奈子 松ヶ下晴美
村瀬歩美 脇坂美帆 梅崎友里絵 吉村晶子 古屋敷レナ
白澤友理 榊山玲子
スポンサーサイト

2011.01.27 Thu l 舞台感想 オペラ座の怪人 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。